このページを印刷する

感染対策Q&A

標準予防策・接触予防策

Q
コロナウイルス対策について、妊娠38週の妊婦がコロナウイルスへの不安からPCR検査を希望すれば対応するという情報を流すという件で意見が分かれた。積極的にPCR検査をしている施設と情報を流さないでいる施設がある。症状がない妊婦を38週に限って検査をしても陣痛発来で入院された時には、その検査結果はあてにならないのではないか?発熱外来に登録し、妊婦が発熱を伴って夜間陣痛発来で来院されても受付で抗原簡易検査を行えるように検査体制はできている。38週の無症状の妊婦に積極的にPCR検査をしていくべきか迷っている。
コロナウイルスPCR検査をルーチンに組み込む必要はないと思います。症状・周囲の流行状況・地域の状況から柔軟に対応いただければよいと思います。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。